CLOSE

FEATURE 2020.6.25

マイバッグから始めるサステナビリティ

マイバッグから始めるサステナビリティ

始めに

2020年7月より、レジ袋の有料化が全国でスタートします。これまでは手ぶらで買い物に行けましたが、マイバッグが必要になりますね。

レジ袋をはじめとする、プラスチックごみの削減は、世界全体で行なわれている活動です。今回はそんな話をしながら、おすすめのマイバッグをご紹介します。

  • ・プラスチックのある生活
  • ・プラスチックの海
  • ・世界中が取り組むサステナビリティ
  • ・おすすめのマイバッグ
  • - コンバーストウキョウ
  • - フィラ
  • - ノースフェイス

プラスチックのある生活

マイバッグから始めるサステナビリティ
日本人1人あたりのプラスチック廃棄量は、実は世界で第2位。嬉しくないランクインです。

お弁当の容器やフォーク、ストローなど、身近にあるプラスチック製品ってたくさんありますよね。軽くて丈夫で安価なため、何かと使われやすいのです。ただ、ごみとして廃棄されると、小さく形を変え、海へ行きつくことが多いのが現状。

プラスチックの海

マイバッグから始めるサステナビリティ
海岸へ打ち上げられたクジラのお腹の中から、大量のプラスチックごみが発見される、といったニュースをよく見かけるようになりました。

このままのペースで、プラスチックを消費し続ければ、2050年には魚よりもプラスチックごみの方が多くなってしまう、いわゆる「プラスチックの海」となってしまうとも言われています。

世界中が取り組むサステナビリティ

マイバッグから始めるサステナビリティ
サステナビリティとは、「持続可能性」という意味。限りある地球の資源を活用して、持続していくということで、昨今は環境改善の点でもよく使われています。またアパレル業界だと、サステナブルファッションというワードを見かけるようになりましたね。

ハワイをはじめ、フランスや韓国では、2015年あたりからレジ袋の有料化や全面禁止が行なわれてきました。有名飲食チェーン店が、紙ストローやリサイクル可能な包装を導入するなど、あなたの身の周りも変わってきているかと思います。

おすすめのマイバッグ

マイバッグから始めるサステナビリティ
私達にできる身近な改善策の一つとして「マイバッグ」が挙げられます。小さなことでも、集まれば大きな改善に。

これからの地球のために、レジ袋を買うのではなく、マイバッグを持ち歩いてみませんか。そしてせっかく持つなら、おしゃれにエコへ参加しませんか。

マイバッグから始めるサステナビリティ
コンバーストウキョウ ポーチ付き2WAYトートバッグ(A2802PBG001)

鞄の中に入れてかさばるの、嫌ですよね。ポーチ付き2WAYトートバッグは薄手の素材で、小さくたためて付属の巾着に収納できます。エコバックに最適なコンパクトさと、デザイン性を備えた嬉しいアイテムです。

マイバッグから始めるサステナビリティ
コンバーストウキョウ 定番キャンバストートM(A2802PBG219)

しっかりとしたキャンバス地を使う事で、お米や水と言った重い荷物も安心です。長さの異なる2つの持ち手は、シチュエーションに合わせて選んでください。口をボタンでしっかりと塞げるので、物が飛び出てしまう心配もありません。

マイバッグから始めるサステナビリティ
フィラ トートバッグ(FDH016)

丈夫な素材感はもちろん、マチがあるのは安心の使いやすさ。内ポケットが無いため、引っかかること無くすっきりと物を入れられます。レトロポップなデザインで個性も表現。

マイバッグから始めるサステナビリティ
ノースフェイス オーガニックコットントート(NM81971K)

独特の風合いが可愛いオーガニックコットントート。環境に配慮したインクで、エコにこだわったアイテム。内ポケットが付いているので、ちょっとした買い物にも便利です。買い物だけでなく、学校や職場などシチュエーションを問わず使用いただけます。

最後に

サステナビリティやプラスチックごみの問題について初めて知ったという方も、これをきっかけに考えてみませんか。今日からでも遅くありません。少し地球にいいことをするだけです。

(画像:Unsplash)

SHARE ON