CLOSE

FEATURE 2020.6.19

ジェイソンマークでスニーカーケア

ジェイソンマークでスニーカーケア

始めに

憂鬱な天気が続く季節がやってきましたね。足元の悪くなった道を歩く機会も増え、シューズが汚れやすくなりがち。せっかくの大切なスニーカー、ケアしませんか?

今回は、シューズケア用品における定番ブランド「ジェイソンマーク」の中から、5品番をピックアップしました。

ITEM List

  • ・1.クイックワイプス
  • ・2.エッセンシャルキット
  • ・3.トラベル シュークリーニングキット
  • ・4.リペルスプレー
  • ・5.モソ フレッシュナー

1.クイックワイプス(0455)

ジェイソンマークでスニーカーケア
シート状のクリーナーで、レザーやプラスチック、ゴム素材のシューズを、拭くだけで綺麗になる優れもの。スニーカーのパーツ全体に使える柔らかい面と、しっかり汚れを落とす青いドット面の2面構造になっています。拭くだけなので手軽にケアしたいという方や、初めてシューズケアに挑戦する方におすすめです。

1枚ずつの個包装はコンパクトで持ち運びもしやすいので、旅行や普段のお出かけで鞄に入れておくのもいいですね。スウェードやヌバック、キャンバスなど、水分が浸透しやすい素材への使用はできません。ものによってはシミや、色落ち、変色する素材もあり、染色した素材は色落ちする場合がございますので、目立たない部分で試してから使用をおすすめしています。

2.エッセンシャルキット(3691)

ジェイソンマークでスニーカーケア
ジェイソンマークの中でも特に人気のアイテム、スタンダードブラシとプレミアムシュークリーナー(ハーフボトル)のセット。ハーフボトルと言っても、このサイズで約100足分のスニーカーを洗えます。

クイックワイプスをはじめ、ジェイソンマークのクリーナーは、研磨剤や化学薬品を使っておらず、98.3%がココナッツオイルやホホバオイルといった天然成分でできています。十分な洗浄力もありながら、人にも環境にも優しいのも高い人気を誇る理由のひとつ。ブラシを使うことで、掃除しづらいアウトソールやステッチといった細かな部分の汚れをしっかりと落としてくれます。

3.トラベル シュークリーニングキット(JM-2183-02)

ジェイソンマークでスニーカーケア
オリジナルポーチに、携帯用のシューズクリーナー、スタンダードブラシ、シュークリーナーのハーフボトル、さらにコンパクトサイズのマイクロファイバータオルを入れたセット。

マイクロファイバータオルは、抜群の吸水性と細かな繊維でほこりや汚れをしっかりキャッチしてくれるので、細かな仕上げに使いたい1枚です。このセットを買っておけば、本格的なシューズクリーニングケアセットが揃うのは嬉しいですね。

4.リペルスプレー(102003)

ジェイソンマークでスニーカーケア
新しく買ったスニーカーやせっかくきれいにしたシューズ、汚れから守りたい時は防水性を備えたリペルスプレー。防水スプレーというと缶スプレータイプが主流ですが、屋内でも使用しやすいミストタイプ。

水性なので、ナイロンやキャンバス素材はもちろん、スウェード、ヌバック、レザー等幅広い素材にも安心して使えます。梅雨のシーズンに活躍すること間違いありません。

5.モソ フレッシュナー(104008)

ジェイソンマークでスニーカーケア
ケアで忘れてはいけないのが臭い。暑くてじめじめした季節は、長時間履いていると蒸れて臭いもこもりやすくなります。

孟宗竹の竹炭をふんだんに使用した、シューズ専用の消臭剤。インソールに直接置くことで、湿気を抑えながらシューズの嫌な臭いを消してくれます。月に1回、屋外の日光に当てることで、消臭効果が期待できます。目安は12回(1年分)繰り返しお使いいただけます。

最後に

「旱(ひでり)に雨」という言葉は、日照りが続く中に降る救いの雨のこと。雨は決して悪いことばかりではありません。この機会に、大切なスニーカーのケアにも挑戦してみてください。

<スニーカー好きなあなたにおすすめ>

ナイキ注目のメンズ白スニーカー

アクティブにおすすめ ナイキ軽量シューズ/サンダル

SHARE ON